【ウィスキー第1回】フロム・ザ・バレルの感想

どうも。

みなさん,ウィスキーは飲みますか?僕は結構よく飲みます。でも,安いウィスキーを飲んでばかりなのと飲み比べとかもしないのであんまり銘柄に詳しくないです。

そこで今度から飲んだウィスキーをブログにまとめていって,いつの間にかウィスキー通になろうと思います。

フロム・ザ・バレルを飲んでみた

第1回目のウィスキーは「フロム・ザ・バレル」です。ニッカウィスキーの部類だそうです。

アマゾンでやたらめったら評価が高いのに,値段もお手頃なウィスキーです。普通のウィスキーは45%くらいのアルコール度数になるように水で薄められて販売されています。

しかし,このフロム・ザ・バレルは51%。まあ,ウィスキーには詳しくないんで「はー,なるほどー」って感じですが,要するに水での薄め方も弱いので風味が強いということ。

早速飲んでみると確かに風味が強い。たまにバーとかで飲むような安酒じゃないような香りがします。味は癖がないウィスキーって感じ。

口に含んだ瞬間,ふわっと広がる濃厚な香りはまるで樽がびっしり並んだ古い酒蔵が脳裏をよぎります。そのあとから口いっぱいに広がる芳醇な味はまるでみずみずしい果実。
飲み込んだ後はキャラメルとバニラを思わせる余韻がただよいます。。

嘘です。ウィスキーの味,そんなにわかりません。
感想書けなかったのでそれっぽく書きました。

ただ,そこらスーパーで買う安酒とは違う,バーで出てくるようなお酒感はあります。

だんだんと味の違いに敏感になって行けたらなあ。

なお,今後ウィスキーを飲むときはロックグラスにロックアイス,ガウンを羽織って飲むものとする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です