【裏のWeb】ダークウェブに調べてみた。【時事ネタ】

どうも。

昨日のワールドビジネスサテライトで「ダークウェブ(ダークネット)」というものが紹介されていました。

ダークネットとはいわゆる裏のインターネット
違法な売買が行われる場として近年急速に広まってしまっています。

インターネットの発達の裏で起きている「ダークウェブ」。いったいなんなのか調べてみました。

ダークネットって何?

インターネットの中のディープウェブ

普段インターネットを使うとき,GoogleやYhaoo!でキーワードを検索しますよね?
実はGoogleで検索してもヒットしない,つまりGoogleからではたどり着けないデータって世の中すごく多いんです。

たとえば,企業の機密情報を含んだデータベースなんか,Googleからじゃ絶対アクセスできませんよね。
他にも,あるサイトの有料ページなんかも検索エンジンからたどり着くことができません。

こういうものが,ディープウェブと言われているものです。
呼び方は「深層ウェブ」「ディープネット」だったりと様々ですが,全部同じです。

ディープウェブは,機密情報を扱ったり,匿名性を高めるうえでは有用なネットワークなんですね。

ただし,ディープウェブはこういう有用なデータ以外にも結構クレイジーなデータが混じっていたりします。

例えば,YouTubeに「ディープウェブから見つかった謎の動画」をまとめた動画なんかもアップロードされています。

なにがしたいのかよくわからない動画も多ければ,かなり不気味な動画も多い。

でも違法ではありません。

ディープウェブの中のダークウェブ

ではダークウェブとは?
一言で言うなら,ディープウェブの中で犯罪を目的として存在するデータです。

それは麻薬やドラッグも含まれますし,児童ポルノなんかも含まれます。

そしてそれらの多くは仮想通貨(ビットコイン)で取引されることが多いんですね。

これにより,取り締まろうにも一体どこの誰を捕まえればいいのかわかりにくく対策が打ちづらいわけです。

絵にかくとこんな感じ!

ディープウェブの特徴である,誰がアクセスしているのかわからない匿名性によって違法行為に利用されてしまっているわけです。それがダークウェブ。

なんで匿名性が高いの?

普通にウェブを利用している際には「IPアドレス」というものが利用されます。
これは,ウェブにアクセスする際にパソコンやスマホに割り当てられる住所みたいなものです。

このIPアドレスによって,「あ,この人がアクセスしてきた」ってわかるわけですね。

でも,ディープウェブの世界では「論理上使うことができるんだけどまだ誰にも使われていないIPアドレス」が使用されます。
これはこっそり空き家に住み着いて,住民票を提出しないようなもの。

いったい誰がそこに住んでいるのかわからないわけですね。

また,ディープウェブにアクセスするには匿名性を向上させる特殊なソフトウェアを使用する必要もあります。

いやーこういうこと思いついて実装できる人っているんですね。
僕はさっぱりです。

まとめ

ワールドビジネスサテライトでダークウェブが話題に出てたのでちょっと調べてみました。

まとめると以下の通り。

  • ウェブには3種類存在する。
    1. 表層ウェブ(検索エンジンからたどり着く)
    2. 深層ウェブ(検索エンジンからたどり着かず,匿名性が高い)
    3. ダークウェブ(深層ウェブのうち犯罪関連のもの)
  • ダークウェブでは違法なやり取りが仮想通貨を通じて行われている。

  • ディープウェブには違法ではないけど不気味な動画や画像も多い。

  • ディープウェブは企業の機密データを扱ったりと有用な側面も多い。

  • ロックマンエグゼでいうところの裏インターネット

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です