【エイジング】ロロマクラシックを3年間使用した結果【システム手帳】

どうも。

みなさんはスケジュールをどのように管理してますか?
僕はシステム手帳を使用しています。

システム手帳のいいところは,年度が変わっても同じ手帳を使用できることです。
使い込むほど馴染んでいき,自分だけの手帳に育てることができます。

今回は僕が愛用しているダヴィンチ ロロマクラシックを使い始めて3年間が経過したので,
どのようにエイジングされたのかを紹介しようと思います。
エイジング2年目の様子はこちら

ダヴィンチ ロロマクラシック

まずはシステム手帳の紹介から。
ダヴィンチ ロロマクラシックはレイメイ藤井というシステム手帳メーカーの製品になります。
レイメイ藤井はいくつかのブランドを展開しており,その中の一つがダヴィンチシリーズです。

ダヴィンチシリーズにはさらに,スタンダードライングランデラインがあります。
ロロマシッククラシックは,ダヴィンチシリーズの中でもさらに革にこだわったグランデラインとなります。

ダヴィンチグランデシリーズにはほかにもいくつかの手帳が存在します。

  • オリーブレザー
    オリーブの葉から生まれた環境志向の手帳

  • ペリンガーカーフ
    ドイツ ペリンガー社製の高級レザーを使用した手帳

  • エアリーゴート
    山羊革を使用した普段使いしやすい丈夫なシボ革手帳

  • アースレザー
    100%植物性タンニンでなめした素朴な雰囲気の自然は手帳

  • オイルレザー
    たっぷりのオイルを使用したレザーを使用することで使い込むほどにエイジングが楽しめる手帳

  • ピッグスキン
    高級なピッグスキンを使用した軽くて丈夫なビジネスマン向け手帳

そんななかで僕が選んだのはロロマクラシックという手帳です。
まるで聖書のような重厚な見た目と,使い込むごとにエイジングが楽しめそうな革に一目惚れして購入しました。

  • ロロマクラシック
    たっぷりとオイル・ワックスを使用し,磨くと艶の出るまるで聖書のような手帳

3年間のエイジング結果

こちらが3年間毎日使用使用し続けた結果がこちらです。

随分と色が濃くなってきました。
ロロマクラシックは傷のつきやすいレザーなので,よくカバンの中で傷がつきます。
しかし,傷については全然気になりません
というのも,この手帳は傷ついた箇所を少し磨くだけでツヤが出てくるため,傷が全然目立たなくなるのです。

手帳を開けるとこんな感じ。

よくリフィルと接触する箇所は特に黒くツヤが出ているのがわかります。
3年間毎日使っても全然型崩れしてません。
どんどんとツヤが出てきています。

これからもまだまだガンガン使っていけそうです。

まとめ

今回は3年間毎日使用した手帳のエイジングについてまとめました。
システム手帳はどこに行くときも一緒に持って行って,使い込んで行くものなのでエイジングも楽しみながら自分だけの手帳を作って行きたいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です