【エイジング】Filson それは男を高める鞄【1年経過】

どうも。

みなさんカバンは何を使ってますか?
会社に持っていくカバン,プライベートで使うカバンと使い分けが大変ですよね。

そんなあなたへ!
仕事でもプライベートでも使用できるカバンがFilsonです。

Filsoを使い始めて1年が経過したので,どういう風にエイジングが進んだのかをまとめてみようと思います。

Filsonとは?

Filsonはアメリカのブランド。最近,セレクトショップでもよく見かけるようになってきましたね。
あとはブルックスブラザーズでも取り扱ってたりします。

いわゆる土系ブランド

炭鉱マンになったかのような服やカバンを扱っています。

どうせ持つならいいものを、最上のものを」 創業者 Clinton C. Filson
フィルソンは1897年、ワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑むための”アウトドア・クロージング・メーカー”として設立された。金の採掘という、衣類にとっては劣悪きわまりない環境で酷使されるために、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始し、やがてアラスカや北西部で働く男たちにとって、FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになった。ウールにおいては、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、いまだに2年以上の歳月をかける頑固さで取り組み、その頑固さゆえに、アメリカの森林警備隊、木こり、ハンター、そして冒険家など厳しい自然環境の中で真のクオリティを必要とする人々に愛され続け、アメリカ空軍・陸軍のスタッフ用としても一部使用されている。優れた品質と耐久性を語るなら「親から子へ、子から孫へ」と着継がれるというエビソードがいくつもあるほどだ。

FILSON フィルソン 正規取扱店 : 新宿BLUE DUN HP

なぜFilsonを選んだ理由

そんなThe 土系なFilsonですが,実はなかなか使い勝手がいいのがこのFilsonのブリーフケース。

色は黒,オリーブ,ベージュ,ネイビー,タンです。
とても丈夫な生地なので,コットンのカバンにもかかわらず置けば普通に自立します

あとは最近,オールレザーのブリーフケースも取り扱いが始まりました。値段が3倍くらいしますけどね。。。

僕はこのうち,ネイビーのブリーフケースを使っています。

あのトム・クルーズもご愛用

Filsonを使う決め手となった画像がこちら。

引用元HP

あのトム・クルーズがご愛用してるわけですよ。
こういうのって自分の好きな有名人とかの身に着けているものを準備すると愛着がわくことが多い気がします。

1年間のエイジング結果

では早速,エイジングの結果がこちら。




1年間,週5回以上ペース使いまくりました。
オンでもオフでもFilson!!

カバンの底の角を中心に色が落ち始めています。
また,固かったレザーの持ち手はずいぶん柔らかくなりました。
ですが,壊れる心配がある場所は皆無です。
伊達にゴールドラッシュを生き残った生地ですね。

荷物も見た目以上に入ります。

  • MacBookPro
  • 手帳
  • 専門書
  • 財布類
  • 充電器
  • スマホ
  • 簡単な一泊分の着替え

なら入っちゃいます。

少し気になるのはショルダーを一番短くセットしても長いってことですかね。
身長180cmくらいでもショルダーベルトが長く感じます。
アメリカ人には普通の長さなんですかね?

まとめ

特にエイジングも意識せずにガシガシ使っていますが,ヘタレもなくこれからさらにエイジングが進むのが楽しみですね。
どこかで一度くらいは手洗いしてあげようかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です