【徹底検証】タイガーウッズを検証して綺麗なフォームを手に入れる。

どうも。

社会人になると会社の付き合いで,週末にゴルフに行くものと思ってました。

行くものかと思ってたんですけど,なかなか声をかけてもらえないです。

ですが,来るべきゴルフコンペに向けて最近,打ちっぱなしで練習をしています。

いざ打ちっぱなしに行ってみても,

  • まっすぐ飛ばない。
  • 飛距離が出ない。
  • そもそもフォームがおかしい?

ということで,今回はタイガーウッズのフォームを素人目線で徹底検証します。

タイガーウッズに学ぶ綺麗なフォーム

ゴルフ素人の検証なので,どうせならゴルフの神様,タイガーウッズのアイアンショットを対象にします。

参考画像はこちら。

では,早速行きましょう。

構え方。

まずは構え方から。
お手元の参考資料の0:24をご覧ください。

このキャプチャから以下の点がわかります。

  1. 肩から腕は地面に対して垂直に下す。
  2. 肩はつま先の上にくる。
  3. 背筋はまっすぐのまま,45度だけ腰からお辞儀する。
  4. クラブの延長線が腰にくるように構える。

思った以上に肩と腕が垂直です。

振りかぶり動作

では,次は振りかぶった際の動作。0:27のキャプチャです。

特に注目すべき点は,
左肩を中心として,左腕,クラブ,と,直線になっているように見えることです。

これは,ふり下し時にしだり方がすべての中心となりながらクラブの先端が大きな円軌道を描くことを意味します。

また,体は骨盤からねじれていることがわかりますね。

インパクト時

ではインパクトの瞬間です。動画の0:28。

インパクト時も背筋,肩の感じは今までと変わりません。

また,右足が少し浮いていることから重心が左に移ったことがわかります。

特に注目すべきは,インパクトの瞬間でも右腕がやや曲がっていること。
つまり,右腕はちからが抜けている状態でただ単に支えているだけのようですね。

フォロースルー

では打ち終わった後のフォロースルーを見てみましょう。動画の0:32。

特徴としては,腰,右足は正面に向きますが,左足はやや斜め右前をむきます。
また,胸は正面よりやや左へと向いています。

まとめ

今回は,素人なりにタイガーウッズのフォームを徹底検証してみました。

もっとも,タイガーウッズ本人とは体格も身長も違うので何もかもをまねることはできません。

しかし,うまい人をまねることが学習だって聞いたことあります。

あー,はやくコースに出れるくらいちゃんと打てるようになりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です